ちょっとしたお出かけに。500gのミニ3脚のススメ 「Manfrotto テーブルトップ三脚キット」

写真を初めて数か月。三脚の重要さがわかってきた。それからというもの、大事な局面では、必ず持っていくようにしている。しかし、一つ問題がある。それは「重い」ということである。

重い=持っていかなくなる

本当に写真家?と思われるかもだが、重いと持っていくのが本当に億劫になる。いい写真は撮れるよ、しかし使うか分からないモノに無駄なコストはかけたくない。そんなめんどくさがりな僕必見。あなた必見。ミニマルな三脚を求めて。

「Manfrotto テーブルトップ三脚キット」購入

・Manfrotto テーブルトップ三脚キット 
(当時5,000円ぐらいで買ったけど、20,000円って。めっちゃ価格が高騰してる笑)

一年ぐらい使ってるが、

  • 持っていくのが楽
  • カバンに入れても、かさばらない

っていう感じで最高に愛用してる。

キットの中身

非常にシンプル。縦20.3 x 横10.2 のポケットに全て収納してくれてる。

機能面も

わずか、500gという軽さ

500gで想像しやすいのが、コンビニの普通サイズペットボトル。持っていくか迷ったときに、とりあえず入れておくかぁという気持ちで入れてる。Thisi is 許容範囲。

 

 

長さ調節可能

付属の物に伸縮可能な鉄棒が一本入っている。これによって、

・全高 35 cm
・最低高 11 cm

が実現できる。

 

ねじ穴をクルクルと回して、

 

 

よいしょっと

ものの数分で長さを変えることができる。

 

どんな場所でも設置可能

耐荷重は2kg。僕が持っている一番重いレンズ(FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G/SONY)をつけても余裕で耐えられる。ある程度の地面ならほぼ設置可能。

Letstry.

 

①不安定な、丸太の上

ここらへんに置きたい。大丈夫かな?

 

お見事!乗れちゃうんです。

 

②凸凹な石の上

よしここに置きたい

 

ここも見事成功!

 

俯瞰でみるとこんな感じです笑。撮りたいと思った場所には、大体置くことができます。

 

最後になります。

③よくあるベンチの上

ここに置きたい。

 

ここもお見事!固定砲台感強い(笑)。ちょ、おれをこんなところに挟むなやとα7iii君の声が聞こえる(笑)

 

 

ある程度の場所には置けます。

 

カスタマイズ可能(雲台)

自分好みの雲台に変えることもできます。僕は全てアルカスイス互換性でまとめているので下記を選んだ。

[MENGS] CL-70N アルミニウム合金 クイックリリースクランプ アルカスイス規格と互換性

うん。特に問題なく取り付けることができた。

 

 

Amazonのレビューを見てたらマイクスタンドとして使っている人もいた。賢い。

ミニ3脚いいぞ

「出かけるついでにちょろっと撮影したいな」というシチュエーションが多い人は、ぜひという感じです。

 

おまけ
このアイテムのおかげでこんな写真も撮ることができます。これからも大事に使うよ。よろしくね

α7iii ,FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G/SONY ,S 2 秒 , f/9 ,28 mm ,ISO 50

更新情報は、Twitterで!

ここまで読んでいただきありがとうございます。更新情報は、Twitterでお届けしてますので、良ければフォローお願いします!また会えること楽しみにしてます

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事